まことのいのち

“わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。” ~聖書 ヨハネの福音書10章10節~  キリスト信仰について語るとき、“いのち”という表現がしばしば出てくるのですが、この意味についての明確な理解がないことが、信仰について具体性を欠く理由になっているのではないかと思います。  イエスが与えて下さる真のいのちはどのような影響を生活の中に与えるかと言うと、まず始…

続きを読む

光りのある間に

あなたがたに光りがある間に、光の子どもとなるために、光を信じなさい。 ~聖書 ヨハネの福音書12章36節~  人生の道を照らす光をどこに見つけたらよいのでしょうか。  私たちの人生に迷いは当然としても、それをそのままにしておくのは愚かなことです。  しかし、いつの間にか人生が限りなく続くと錯覚してしまって、明日へ明日へと先延ばししているうちに人生は迷いの中に終了してしまうのです。…

続きを読む

神に期待しよう

ニコデモはイエスに答えて言った、「どうして、そんなことがあり得ましょうか」。 ~聖書 ヨハネの福音書3章9節~  私たちは理屈の世界で生きる癖がつきすぎています。  何を計画するのも、すべて金銭本位でしか考えられない人々も多くいます。また自分の小さな知識の範囲の中でしか判断できない人もいます。  とにかく人はその考え方次第で自分の住む世界を広くすることも狭くすることもできるの…

続きを読む