喜びの共有

“わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、わたしの喜びがあなたがたのうちにあり、あなたがたの喜びが満たされるためです。”
~聖書 ヨハネの福音書 15章11節~


 イエスは、ご自分の中にある喜びが、私たち一人ひとりの中にも存在することを求めておられます。
 このことは驚くべきことなのです。
 
 私たちの周囲を見ると、人の喜びは自分のねたみの原因になり、自分が祝されると高慢になるといった現象がいくらでもあるのです。

 しかし、イエスは、いやしい私たちの中に神の喜びが与えられることを求めておられるのです。
そこでクリスチャンは、神の喜びを自分の中にもつ存在だと言えます。この次元の高さに目をとめて信仰を継続することが必要です。

 信仰から離れずに、しっかりとキリストにつながって励んでいると、神の平安に裏付けされたように喜びが私たちを覆うのです。―このことは、他人の幸福を真剣に願ってくれる人の殆どいない現実の中では信じられないほどのことですがー

 そして、信仰にある歩みの中では、様々な危険なものから守られているのです。
 私たちが神から離れると、その守りのベールは脱ぎ捨てられるので、サタンの攻撃にそのままさらされてしまいます。

 信じることは守られていることなのだと悟れば感謝があふれてくるのです。

93807-viktor.jpg

この記事へのコメント