信仰の法則

あなたがたが私から学び、受け、聞き、また見たこと、すべての誉れあること、すべての正しいこと、すべての清いこと、すべての愛すべきこと、すべての評判のよいこと、そのほか徳と言われること、称賛に値することがあるならば、そのようなことに心を留めなさい。
~聖書 ピリピ人への手紙4章9節~


 信仰の法則は単純で明快なものです。
 私は、様々な問題でゆきづまり困りはてることがあります。自分の知恵をつくして、自分なりに努力してみて四方八方手をつくしてみますが、道は開けないと感じることがあります。

 そして、信仰という最高の手段をもっているだけに更に混乱してしまう場合もあるのですが、こんなときの解決法は、神の前に単純になる以外に方法はありません。

 それは、自分が聞いたことを、そのまま実行するということが秘訣だからです。
 イエスが語られたように“わたしの言葉を聞いて、これを行う人が岩の上に家を建てた人と同じである”のであって、これ以外に方法はないのです。

 そうはいえ、この簡単なことがなかなかできないものです。

 しかし、神にあって平安を保つことができるならば、私たちの問題は神の見えざる手によって解決してくれるものなのです。健全な信仰生活は、神に対する従順が先決問題なのです。

 信仰のイロハは簡単なものです。そして、その単純な原理を継続し続けることが必要なのです。ここでも継続は力なりの法則は働くのです。

123550-aleni.jpg

この記事へのコメント