まことのいのち

“わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。” ~聖書 ヨハネの福音書10章10節~  キリスト信仰について語るとき、“いのち”という表現がしばしば出てくるのですが、この意味についての明確な理解がないことが、信仰について具体性を欠く理由になっているのではないかと思います。  イエスが与えて下さる真のいのちはどのような影響を生活の中に与えるかと言うと、まず始…

続きを読む

恵みを無駄にしない

余ったパン切れを、一つもむだに捨てないように集めなさい。 ~聖書 ヨハネの福音書6章12節~  イエスが荒野で五千人を養われたときに、弟子たちは驚くべき奇蹟を見たわけですが、イエスの命じられたことの中に、食べ残したパンくずを集めよというのがあります。  これは神の恵みは、少しも無駄にしてはならないとの教訓であるのですが、今日はこうした行いは割合と無視されています。  このようなこ…

続きを読む

信仰に立つ

しかしわたしたちは、信仰を捨てて滅びる者ではなく、信仰によって、いのちを得る者である。 ~聖書 へブル人への手紙10章39節~  信仰は人のたましいが神に対してもつ正しい関係のことです。  信仰をもつことは、神を心の中に確信することです。神なしに信仰は存在しないからです。  私たちは、信仰を保つか、それとも退くかのどちらかです。しかし、信仰から退くことは、神に対する確信を放棄する…

続きを読む